スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由だけど寂しい「おひとりさま」(産経新聞)

 働きながら主婦業をこなす人、はたまた専業主婦など、これまで主に「結婚後」の女性のライフスタイルを取り上げてきたが、今回は「おひとりさま」とも言われる独身女性を取り上げてみたい。

 「おひとりさま」は、ジャーナリストの故・岩下久美子さんが平成13年、同名の著書(中央公論新社)で「個が確立できた大人の女性」と定義したのが始まり。17年に流行語大賞にノミネートされると、女性誌などで1人で旅行や食事を楽しむ女性をターゲットにした特集が組まれるようになり、その後は、未婚女性を指す言葉としても使われるようになった。

 そんな「おひとりさま」生活を選び、自由を謳歌(おうか)する独身女性からの投稿もある。

 《やはり一人でいる時間が好きで、自分にとって大切だったと思います》とは、東京都の女性(42)の意見。一部上場企業でエンジニアとして働いており、40代を前に当時付き合っていた男性と同棲(どうせい)生活を始めたが、半年で破局した。《自分の人生ではなくなってしまったようで窮屈》だったからだという。

 30代で購入したマンションのローン返済が間もなく終わることもあり、50代には仕事をリタイアして、英語力を生かしたボランティアを目指すそうだ。

 また、別の独身女性(45)も《自分磨きができるのは独身だから》と感じている。美容に気を使い、エステやアロママッサージなどを定期的に楽しんでいるという。

 一方、和歌山県の女性(50)からは《事情がある方以外は子どもを産むのが女性の使命。独身主義なんてただのわがまま》という厳しい意見が寄せられた。確かに、日本の少子化は切実な問題。《子供が生まれて感じる幸せがある》という意見も多く、独身生活を満喫するといっても、なかなかうらやましいと思えない部分もある。

 今のところ、筆者は「おひとりさま」。夜遅く仕事を終えて真っ暗な部屋に帰る生活は、自由ではあるが寂しくもある。結婚や出産以前に、せめて恋愛ぐらいは…との思いも募っている。(佳)

 「風」は大型連休後までお休みをいただきます。引き続き「女の生き方」をテーマに、ご意見をお待ちしています。

Eメール Kaze@sankei.co.jp FAX 06-6633-1940 郵送 〒556-8661(住所不要)産経新聞社会部「風」 お便りには、ご自身の電話番号、年齢を明記してください

【関連記事】
石田純一、「血行、イイ女」モナにデレデレ
女子プロ野球23日発足 当初2チーム、定着できるか
体をすっきり見せる「天使のブラ」 トリンプが秋冬新作お披露目
「調査捕鯨監督官」古川紘子さん 重要さ、公正さ知ってもらいたい
“マクラ”強要にマニア衝撃「地下アイドル」地獄生活とは
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<龍馬>「いろは丸」ポルトガルから 通説覆す(毎日新聞)
「新党改革」旗揚げ=舛添代表「必ず政界再編」(時事通信)
舛添氏に反発?中村元建設相が改革クに離党届(読売新聞)
ご近所が一喝、コンビニ羽交い締め強盗逃走(読売新聞)
警官の顔に火付け逃走=捜索受け、41歳男逮捕-愛知県警(時事通信)

名古屋「市民税10%減税」恒久化、否決(読売新聞)

 名古屋市議会の4月臨時会は20日、財政福祉委員会が開かれ、議会側が2月定例会で1年限定に修正した「市民税10%減税」を恒久化する条例改正案を全会一致で否決した。

 21日の本会議で、同改正案は反対多数で否決される見通しだ。

 このほか、河村たかし市長が提案した議員報酬を半減の年約800万円にする議会改革案と、約1000万円の予算を選挙で選ばれた地域委員が使い道を決める「地域委員会」を拡充する約4300万円の補正予算案が、総務環境委員会で全会一致で否決された。

 河村市長は「減税こそは最高の市民サービスであり、継続して実施してこそ意義がある」と、改正に強い意欲を見せていたが、議会側は「2月定例会の閉会から1か月もたたない時期の再提案で、恒久減税とするための財源も示されていない」と否決した。

<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)
<GW>連続平均5.4日 今年は少し短め(毎日新聞)
<花岡事件>中国人犠牲者の無念刻む記念館オープン 秋田(毎日新聞)
放鳥トキ、産卵か=3組目、卵確認できず-環境省(時事通信)

<名寄市長選>ホテル・飲食業の加藤氏が初当選 北海道(毎日新聞)

 名寄市長(北海道)ホテル・飲食業の加藤剛士氏(39)が初当選。前市議の高見勉氏(66)を破る。投票率は78.57%。

 確定得票数は次の通り。

当10540 加藤 剛士=無新<1>

  8833 高見  勉=無新

【政策を問う】石炭エネルギーセンター 中垣喜彦会長(産経新聞)
河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)
<東寺>「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
水面に映る150本の桜=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)

<公取委>5社に排除命令 光ケーブルでカルテル(毎日新聞)

 NTT東日本と西日本、NTTドコモ発注の光ファイバーケーブルや関連部品の販売を巡りカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は独占禁止法違反(不当な取引制限)でメーカー5社に計約160億円の課徴金納付命令と再発防止を求める排除措置命令を出す方針を固め、14日に事前通知した。各社の意見を聞き最終的な命令を出す。

 命令を受けるのは、古河電気工業(東京都千代田区)▽住友電気工業(大阪市中央区)▽フジクラ(東京都江東区)▽昭和電線ケーブルシステム(港区)▽住友スリーエム(世田谷区)。方針通りの命令になった場合、99年のごみ焼却炉談合(5社約270億円)に次ぐ課徴金額となる。

 5社はケーブルについて05年2月から、関連部品は06年2月から、価格の低落防止や受注割合の調整を図るため、見積価格を事前に決めていた疑い。また、古河、住友電気、フジクラの3社はドコモ発注の光ファイバーケーブルでも、06年1月から同様にカルテルを結んでいた疑いがある。

 昨年6月の立ち入り検査前に公取委に自主申告したアドバンスト・ケーブル・システムズ(江東区)は命令を免れた模様だ。

 公取委は09年1月から電線業界各社への立ち入り検査を始め、これまでに屋内配線用の電線ケーブル、自動車内部に使う電線の「ワイヤハーネス」でもカルテルの疑いが持たれている。【桐野耕一】

【関連ニュース】
多摩下水道工事:公取委の「談合認定」取り消し 東京高裁
空自談合:国交省が指名停止処分
公取委:住友電工産業電線や協和電線など立ち入り
談合:川崎の23社に排除命令 公取委
独禁法違反容疑:ジョンソン・エンド・ジョンソン立ち入り

新党 参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)
比例当選で新党、批判は承知=「たちあがれ日本」の与謝野氏(時事通信)
核密約の虚偽説明を陳謝=外相、横須賀市を訪問(時事通信)
立教大生殺害「情報」、最高300万円懸賞金(読売新聞)
民主との連携否定=平沼代表(時事通信)

<与謝野元財務相>新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相と無所属の平沼赳夫元経済産業相が新党結成で合意したことが3日、明らかになった。代表には平沼氏が就任し、与謝野氏も同格のポストに就く見通し。与謝野氏は3日、自民党本部で谷垣禎一総裁に7日付の離党届を提出し、記者団に「間延びしないようになるべく急いでやりたい」と旗揚げを急ぐ考えを示した。園田博之前幹事長代理も週明けに離党して新党に参加する。

 与謝野、平沼、園田氏と自民党の藤井孝男元運輸相は5日会談し、新党結成の準備を本格化する。藤井氏は3日、岐阜市内で記者団に「新しい体制の中でやることも自民再生の道としてはあるのではないか」と述べ、新党参加に前向きな姿勢を示した。

 与謝野、平沼両氏の関係者によると、新党は来週にも、政党要件を満たす国会議員5人で発足する。今夏の参院選では、昨年の衆院選で落選した橋本大二郎前高知県知事らの擁立を検討している。

 谷垣氏は3日、与謝野氏との会談で「民主党を追い詰めるという目標は同じ。何か一緒にできる道はないか」と真意を探ったが、与謝野氏の離党の意思は固く、慰留しなかった。ただ、与謝野氏は「自民党分裂とはとらえないでほしい。一人の与謝野馨が去ったと考えていただいた方がいい」とも述べ、自民党議員への離党の働きかけは否定した。

 与謝野氏の離党を受け、大島理森幹事長は福岡県筑紫野市で記者団に「すでに雑誌等でかなりはっきりおっしゃっているので、予想された範囲という受け止めをする人が多いのではないか」と述べ、党内への影響は少ないとの見方を示した。与謝野氏らとの連携を模索する鳩山邦夫元総務相は同県久留米市で「そういう方向に行くのではないかと期待している」と語った。

 一方、鳩山由紀夫首相は視察先の大津市で記者団に「自民党もたいへんだなあという思いはあるが、それぞれの政治家が政党活動をするのは一人一人の信念の話だから、今の立場からコメントすることはない」と語った。【野原大輔、岡大介、松尾雅也】

【関連ニュース】
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」
与謝野元財務相:離党届を提出 新党結成へ動き活発化
自民:新党結成の動き本格化 分裂に現実味
与謝野氏:新党結成へ、来週にも離党 平沼氏と会談
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も

参院選公約「財源優先を」=民主研究会で相次ぐ(時事通信)
北海道厚沢部の車両火災 子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)
権限移譲に閣僚抵抗 看板倒れの政治主導(産経新聞)
<訃報>小山千鶴子さん98歳=小山勇中日新聞社顧問の母(毎日新聞)
<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
プロフィール

ミスターゆきおくまき

Author:ミスターゆきおくまき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。